脱毛の豆知識

日焼けは脱毛の天敵!日焼けして脱毛してはいけない理由と対策

脱毛を行っているサロンやクリニックいずれも、日焼けをしていると施術できないというところが多いです。なぜ、日焼けをすると処理できないのでしょうか。

日焼けによって脱毛処理にどんな影響があるのか、処理できる施設があるのかなど紹介します。

なぜ?脱毛中に日焼けが厳禁なのか

脱毛処理をするためにサロンやクリニックへカウンセリングに行くと、必ず施術前に日焼けをしないようにといわれます。

近頃は美白が継続的に流行しているので、強い日焼けをしている方は少なくなっていますが、仕事や趣味のスポーツで日に焼けてしまう方も少なくありません。しかし日焼けは脱毛処理の天敵なのです。

サロンで行う光での処理は、メラニン色素に反応する複数の光を用いて毛母細胞などを破壊する方法です。クリニックで行うレーザーでの処理も、単体の光なのでサロンの処理よりも照射強度が強くなりますが、同じくメラニン色素に反応する光を利用しています。

日に焼けると肌にメラニン色素が多くなり、毛以外、皮膚にも光やレーザーが反応してしまうのです。すると、皮膚に炎症を起こしたり、やけどのリスクが高くなるため、日焼けしないようにといわれるのです。

日焼けは脱毛効果を低くする

やけどや炎症のリスクがあるということのほかにも、日焼けが脱毛によくないとされる理由があります。それは、せっかくの脱毛効果が提言してしまう恐れがあるということです。

レーザーや光脱毛は毛根の毛母細胞を破壊する方法で、毛を狙って行うものです。しかし、日焼けをしていると皮膚などにも光が分散して当たってしまいます。皮膚にも光が分散することで、毛根に与えるはずのダメージが少なくなってしまうのです。

脱毛される方の中には、早く処理を進めたいと日焼けしていても処理を受けたいという人もいます。しかし処理しても、結果的にしっかりした効果が出ず、照射する意味がなくなります。

もちろん使いたい放題などのプランを利用されている方はいいのですが、回数制限がある様なら日焼けが落ち着くまで待った方がいいでしょう。

日焼けは脱毛中の痛みやトラブルを生む

日焼けによる脱毛への影響は効果に影響するだけにとどまりません。日に焼けた肌で脱毛の施術を受けると、黒い毛以外、肌にも照射範囲が広がってしまうため、痛みの範囲も広くなってしまうのです。

通常、痛みは毛根を破壊する部分で発生します。しかし、日焼けしていると、メラニン色素が多くなっている皮膚にも照射範囲が広がるため、痛みが強くなってしまうのです。

どのくらい日に焼けた状態なのかによっても違いがありますが、日焼けした肌は炎症を起こしている状態でダメージを受けています。その状態で処理すれば、痛みが強いだけではなく肌トラブルにつながる危険性も秘めています。

色素沈着を起こしたり、炎症がひどくなるなど肌に強く影響してしまうので、サロンやクリニックでは日に焼けた肌に脱毛処理できないと判断します。

日焼けしても脱毛できる範囲とは?

日焼けしてしまったから脱毛処理は無理・・・とキャンセルを考える方もいますが、日に焼けた度合いによって施術できるかどうか決まります。日焼けしていても炎症がひどくなく軽い状態なら、照射できる範囲内として施術してくれることもあります。

日焼けしてから日数がかなり経過し、日に焼けた痛みがなくなったから大丈夫だろうと思っていても、肌にメラニン色素が多く残っている状態では、施術できないでしょう。

日に焼けても肌に炎症など起こらず、数日でよくなってしまう方もいますし、肌が弱い方などは数日たっても炎症がとれないこともあるのです。

肌の違い、日に焼けた度合いによっても脱毛の施術できるかどうか変わります。できるかどうか判断できない場合もあるので、サロンやクリニックに相談してみるといいでしょう。

施設によっては日焼けで脱毛処理を断られる

日焼けをした状態で脱毛処理できるかどうかについては、施術を行うサロンやクリニックによって違います。

一般的に脱毛処理できない肌の状態は、熱を持っていて赤く炎症を起こしている状態や、日焼けによって肌の皮が剥けている状態、また、水着の跡が肌に残っている状態です。こうした状態の場合、どのサロンやクリニックでも、施術不可能と判断される可能性が強いです。

ただ、脱毛施設によっては日焼けした肌でも施術できる機器を所有していることもあるので、確認してみるといいでしょう。

その場合でも、肌が赤く炎症し熱を持っている時には、脱毛処理によって皮膚にトラブルが起きる可能性が強くなるため、処理は避ける方が無難です。

判断に迷う場合には、施術する施設に行き、確認してもらいましょう。

日焼けによって脱毛処理期間が延びる?

脱毛する際にはプランを決定しますが、どのプランであっても日焼けして施術できない期間があれば脱毛処理が完了する期間が長くなります。

日に焼けた肌にはメラニン色素が多くなっているため、施術できないと断られることが多く、人によって施術できる状態になるまでかかる期間も違います。

肌に日焼けが強く残ってしまう方は、その分施術できない期間が長くなるため、結果的に脱毛完了となるまで日数がかかってしまうのです。

夏までにきれいに処理したいと前年の秋冬くらいから処理する場合、期間に余裕があるので処理が伸びてもそれほど大きな問題にならないと思いますが、夏まで期間がない状態で処理を始めた場合、しっかりきれいにならないこともあるのです。

脱毛中は極力日焼けをしないことが求められます。

日焼けしていても利用できる脱毛施設がある?

日焼けをしたら脱毛処理ができない、処理する期間が延びるということがわかりましたが、実は、日に焼けた肌でも脱毛処理できる施設があります。

もちろん肌に炎症が残っていて、赤くはれたような状態になっている場合、こうした施設でも肌トラブルの可能性を考慮し施術しない場合もありますが、黒く日焼け跡が残っている場合でも、元々肌が黒い場合でも、脱毛できる施設もあるのです。

こうした施設では、日焼けした黒い肌にも利用できるSHRという機器や、ハイパースキンといった機器を所有しています。肌の色素に関係なく利用できるこれまでの脱毛処理とは違う処理方法です。

スポーツで常に日に焼けた状態という人や、元々肌が黒い人でも処理できるので、こうした機器を所有している施設で脱毛するといいでしょう。

日焼けしていても脱毛できるSHRとは

一般的に光脱毛や医療レーザー脱毛の場合、1ヶ月や2ヵ月といったスパンで処理していきます。

しかしSHRという機器を利用した処理の場合、2週間に1度のペースで処理ができ、光やレーザーを利用した処理につきものの痛みもほぼない処理ができます。

またSHRは毛質、肌質に関係なく処理できるという特徴を持っています。

蓄熱式脱毛法ともいわれる処理方法で、毛の色素に反応するのではなく、毛の毛包に反応する機器です。毛のメラニン色素に反応する機器ではないので、産毛・白髪にも処理できる画期的な方法です。

毛包に作用する処理なので、日焼けしていても処理可能です。日焼けする機会が多い人は、このSHRなら処理できるので、この機器を利用している脱毛施設を利用するといいでしょう。

蓄熱式脱毛「SHR脱毛」の仕組みは?どんなメリットがあるの?現在の光脱毛の主流といえば「IPL脱毛」ですが、IPL脱毛とは違った仕組みで脱毛ができる、「SHR脱毛」も注目されています。 導入する...

日焼けしていても脱毛処理できるハイパースキン法とは

SHR以外に、日焼けした肌に利用できる脱毛処理方法として、ハイパースキン法があります。ハイパースキン法は、毛のメラニン色素に反応する処理ではなく、毛の「種」に反応する機器を使った処理です。

肌が黒くても、メラニン色素に反応する処理ではないので皮膚に照射される心配もなく、日焼けした肌にも利用できる処置となっています。

この処理に関しては効果が薄いとか、あまり抜けないといった意見もありますが、根本的にこれまで主流だった方法とは違い、毛の種に作用する処理なので、今見えている毛に作用することはありません。

これから生えてくる毛の種に作用するため、回数が増えていくにつれ生えてくる毛が少なくなります。日焼けをしている肌にも利用できる処理なので、日焼けする機会が多い人は、この脱毛方法を採用している施設で処理するといいでしょう。

まとめ 脱毛するなら日焼けしないほうがいい!

これから脱毛をしようと思っている方は、できる限り日焼けを避けるべきです。最近は脱毛機器も様々なものが登場し、日焼けをしていても処理できる施設もあります。

しかし施設の場所が遠かったり、費用が合わないなど自分に合っている施設かどうかわかりません。自由に通う施設を比較検討するためにも、日焼けせずいつでも処理できる状態でいることが求められるのです。

RELATED POST
脱毛の豆知識

顔や背中にニキビができやすい方に脱毛をおすすめする3つの理由

全身脱毛ができるおすすめ脱毛サロン・医療脱毛クリニック人気ランキング【2020年最新版】
「思春期はニキビに悩まされていた」という方が多いと思いますが、現代では大人になってからもニキビに悩まされる方が多いと言われています。 今こ …
脱毛の豆知識

【キッズ脱毛】小学生の子供でも脱毛できるの?メリットと注意点を解説

全身脱毛ができるおすすめ脱毛サロン・医療脱毛クリニック人気ランキング【2020年最新版】
近頃の子供たちというのは、ダンスや水泳などの習い事も増え、ムダ毛を気にする年代も低くなってきているといわれています。 また、食生活が安定し …
脱毛の豆知識

脱毛前後の飲酒で起こるトラブルとは?飲酒する予定ができた場合の対処法も紹介

全身脱毛ができるおすすめ脱毛サロン・医療脱毛クリニック人気ランキング【2020年最新版】
脱毛前後にしてはいけない行為はいくつかありますが、その中の1つが「脱毛前後の飲酒」です。 「脱毛と飲酒って、特に関係はないんじゃ…?」と思 …
脱毛の豆知識

今始めても大丈夫?脱毛を始める時期に「秋~冬」が適している理由

全身脱毛ができるおすすめ脱毛サロン・医療脱毛クリニック人気ランキング【2020年最新版】
脱毛にかかる料金がかなり安くなったことや、脱毛サロン・医療脱毛クリニックが増えたことにより、誰でも気軽に脱毛が始められるようになりました。  …