家庭用脱毛器

髭は脱毛器で処理できる?おすすめの脱毛器はどれ?

髭が濃く、夕方になると生えてくるという人にとって、髭そりは本当に手間がかかり面倒なことです。いっそ脱毛してしまうか?と考えますが、脱毛に通っている時間もない、そんな男性には家庭用の脱毛器をおすすめします。

今はとてもいい機器が販売されているので、脱毛サロンやクリニックより期間が長くかかりますが、手軽に利用できます。

髭を脱毛器で処理すればコストを抑えられる

髭を毎日剃っている男性にとって、髭の処理は面倒で本当に手間がかかると思います。脱毛サロンやクリニックに通ってみたい気持ちがあっても、仕事が忙しい中、何度も長い期間通うのはちょっと気が引けます。

そんな時、家庭で利用できる脱毛器が役だつのです。業務用の脱毛器よりももちろん照射強度が低く作られているので回数はかかります。しかし基本的な仕組みは同じなので、自宅で脱毛することができるのです。

家庭用の脱毛器を利用することで、脱毛サロンやクリニックに行く際の大きな費用をかけることなく脱毛できます。時間はかかりますが、コストを下げて自分の好きな時間に髭の処理ができます。

家庭用の脱毛器も質の高いものが多くなっているので、使ってみてはいかがでしょう。

脱毛器で髭を処理できればお手入れが楽になる

髭の処理は毎日・・髭が濃い人は夕方、アフターファイブの前に、会社のトイレで髭剃り・・という人もいます。朝の忙しい時間帯も髭の処理が必要となりますし、非常に面倒です。

しかし脱毛してしまえば、この面倒な髭の処理から解放されます。脱毛に通うことができないのなら、家庭用の脱毛器で楽々処理をしてもいいでしょう。

家庭用の脱毛器を購入すれば、夜遅くでも休日でも、好きな時に処理できます。テレビを見ながら髭の脱毛をしてもいいですし、自分のスケジュールで処理できるのは大きなメリットです。

処理が進み、自己処理が必要ないくらいまで処理できれば、毎朝のお手入れも必要なくなりますし、朝の貴重な時間を煩わせることもないのです。

髭を脱毛器で処理することで肌トラブルが少なくなる

肌が弱い人は、ちょっとした刺激でも肌トラブルになることがあります。なるべく刺激を与えたくないなと思っていても、髭を剃ることはマナーのようなものですから、会社に行く前にしっかり処理しなければなりません。

髭剃りで肌が粉を拭いたようになってしまう人もいますし、肌に傷がついてそこから炎症が起き、大きなトラブルとなることもあるのです。

脱毛にいく時間がなくても、脱毛器を購入すればいつでも処理ができます。脱毛クリニックやサロンほど、照射強度が高くなく、家庭用は処理能力が低くなっているので、肌に強い刺激を与える心配もありません。

それでも、利用していけば地道に処理できrのです。脱毛器の処理が進めば、肌に傷をつけるカミソリや電気シェーバーを利用しなくても済み、肌トラブルが少なくなります。

髭脱毛の脱毛器・・種類は?

髭の脱毛に利用できる家庭用の脱毛器にも種類があり、フラッシュ式とレーザー式があります。

このレーザー式はクリニックのように医療用レーザーを利用しているのではなく、それよりも照射強度が低い家庭用で利用できるレーザーが利用されています。フラッシュ式はサロンで利用している光脱毛の機器より低めの照射強度の脱毛器となります。

フラッシュ式の場合、痛みはほぼなく、髭脱毛も効果を感じるまで回数も期間も長くなります。価格は1万円代から8万くらい、カートリッジ交換が必要となります。

レーザー式は照射すると痛みがありますが、クリニックで行うレーザー脱毛ほどではありません。価格は1万~6万くらい、カートリッジなどの消耗品は必要ありません。

家庭用の脱毛器は髭以外、全身に利用できるタイプがいい

家庭用の脱毛器は髭専用のものもありますが、使い勝手を考えると髭以外、全身に利用できるタイプの方がお得です。

髭だけを処理すると考えると、コスト的にどうなの?と疑問を感じますが、腕、足、お腹など全身に利用できる家庭用脱毛器なら、気になるムダ毛の処理に利用でき便利です。

また自分以外、家族も利用できるので全身処理ができる方がよりお得に利用できるのです。脱毛器もある程度質の高いものを購入しようと思えば、数万円のお買い物となります。

髭しか処理できないのはやはりもったいないです。全身処理できる脱毛器だと考えればコストパフォーマンスもよく、利用する気になる人も多いでしょう。

もちろん、比較検討する際には照射レベルなども確認する必要があります。

髭の脱毛器を買う前にランニングコストを考えてみる

髭脱毛を家庭用の脱毛器で処理する場合、ランニングコストを考える必要も出てきます。

髭の処理ができるレーザー方式の家庭用脱毛器の場合、カートリッジなどの交換が必要ないので、かかるコストも少なくなりますが、フラッシュ方式の家庭用脱毛器はカートリッジの交換が必要となります。

そのため、どのくらいのランニングコストがかかるのか、理解しておくことも必要なのです。

しかし家庭用脱毛器のランニングコストはどうやって確認すればいいのか?わからないという人も多いです。ショットの単価を見ることでどの程度のランニングコストがかかるかわかります。1回の照射にいくらかかるのか、カートリッジで何回照射できるのかがわかれば、コストもわかってきます。

照射範囲が広く、1ショットの単価が低い脱毛器なら、お得な脱毛器といえるのです。

髭の脱毛器で人気のケノン

髭の脱毛ができる家庭用脱毛器として人気の高い脱毛器にケノンがあります。国内ですでに70万台売り上げたという人気の脱毛器は、操作も簡単で誰でも気軽に利用できる機器です。

ケノンは痛みが少なく、出力レベルは下げず発光時間が短いという独自の技術を持っています。つまり、肌への刺激が少なく、肌トラブルを起こしにくい脱毛器です。

髭のような太い毛でも、VIOの毛でも毛質に関係なく処理できるとして高い任意を誇っています。また用途に応じてカートリッジを使い分けることもできるところも人気の要因となっています。

ショット単価も低めで照射できる範囲も広く、使いやすい、非常に優れた脱毛器です。コスト面を考えて髭の脱毛をしたいという人にもおすすめです。

髭の脱毛器「ハイパワータイプ」の光エステ

髭の脱毛処理ができる人気の家庭用脱毛器には、パナソニックの光美容器も人気があります。光美容器の中でもハイパワータイプは、照射したときの刺激が少なく肌にも安心の処理ができます。

こちらの商品は口コミでも評判が高く、利用した方の90%以上が満足したという結果も人気の要因となっています。

実は髭などの脱毛処理のほか、この家庭用脱毛器は美肌効果が得られることでも人気となっているのです。美肌効果を得られるという光エネルギーがハイパワータイプはさらにパワーアップしています。

光の刺激を弱めるために、光を吸収するフィルターが取り付けられています。髭の脱毛は痛い・・と思っている人にも利用してほしい脱毛器です。男性の濃い髭にもしっかり対応するといわれています。

髭の脱毛器に見えない?メンズ・レイボーテEX

メンズ・レイボーテEXを見ると、思わず髭剃り?といいたくなるくらいコンパクトで使いやすい脱毛器です。見た感じ、完全に電気シェーバーと変わらず、これを利用していても髭の脱毛をしているとは気が付かないでしょう。

男性が利用しやすいようにシンプルでシックな脱毛器です。処理する時に手が疲れないように、使いやすく設計された軽量タイプも人気の秘訣です。

メンズ・レイボーテEXはフラッシュ式で光によって毛根を破壊する処理ができます。全身の脱毛に利用できる脱毛器ではありませんが、髭に特化しているコンパクトな脱毛器なので、多くの男性に選ばれてます。

出力は5段階調整が可能で、パワーモードもついています。サロンでの光脱毛に負けないくらいの脱毛パワーを持った脱毛器といえる商品です。

髭も脱毛器は進化を遂げている

家庭用の脱毛器は昔、本当に長く利用しないと効果を感じられない物ばかりで、カートリッジを買う費用ばかり掛かって勿体ないといわれていることもありました。

しかし現在では脱毛器も進化を遂げ、質の高いものが多くなっています。髭の処理に悩んでいる人、面倒だと感じている人は、家庭用の脱毛器もおすすめです。