医療脱毛

医療脱毛にはやけどのリスクが!原因やリスクを下げる方法を解説

医師や看護師が施術を担当することから、「安心安全な脱毛が受けられる」と評判の医療脱毛。

しかし、ムダ毛にレーザーが吸収される時に発生する熱を利用し、発毛に関わる組織を破壊するため、「やけどのリスクはゼロにできない」というのが現状です。

今回は、医療脱毛でやけどをする原因や、やけどのリスクを下げる方法について解説します。

医療脱毛でやけどする原因

医療脱毛でやけどをするリスクは誰にでもありますが、なぜやけどをするのでしょうか。

医療脱毛でやけどをする原因は、以下の4つです。

①日焼けをしている

これは脱毛機にもよりますが、どの医療脱毛クリニックにも必ずと言っていいほど完備されている熱破壊式の脱毛機は、ムダ毛に含まれるメラニン色素に反応する仕組みになっています。

皆さんもご存知の通り、日焼けで肌が黒くなるのも、メラニン色素が原因です。

日焼けをした状態で施術をすると、脱毛機が日焼けのメラニン色素にも反応するため、肌にも高温のレーザーが照射されてしまうのです。

日焼けは脱毛の天敵!日焼けをしていると脱毛が受けられない理由と対処法脱毛を行っている脱毛サロン・医療脱毛クリニックのいずれも、「日焼けをしていると施術はできない」というところが多いです。 ではなぜ、日焼...

②肌が乾燥している

肌が乾燥している状態というのは、肌のバリア機能が低下していて、外部の刺激に弱い状態を表しています。

レーザーも肌にとっては刺激になるので、肌が乾燥しているだけでも、やけどのリスクが高まってしまいます。また、肌が乾燥していると、やけどのリスクが高まるだけではなく、痛みも感じやすくなるので、良いことがありません。

③使用している脱毛機が古い

医療脱毛で使用する脱毛機は、効果はもちろんのこと、安全に施術が受けられるように進化を遂げてきたものです。

そのため、最新の脱毛機よりも安全性に欠ける古い脱毛機で施術を行うと、その分やけどのリスクも高くなってしまいます。

④スタッフの技術不足

医療脱毛で使用する脱毛機には、

  • アレキサンドライトレーザー
  • ダイオードレーザー
  • ヤグレーザー

といったレーザーが搭載されています。

それぞれのレーザーで性質が異なるので、施術を行うスタッフは、患者さん1人1人に合ったレーザーを選択しなければなりません。

また、どのレーザーを搭載した脱毛機を使用するにしても、患者さん1人1人に合った照射パワー(ジュール数)を設定して施術を行わなければならないので、医療脱毛に関する知識と技術が必要になります。

スタッフの技術が足りないと、患者さん1人1人に合ったレーザーの選択や照射パワーの設定ができず、効果に影響するのはもちろんのこと、やけどのリスクも高まってしまいます。

医療脱毛で使用するレーザーの種類は?レーザーでムダ毛が無くなる仕組みも解説医療脱毛は、別名「レーザー脱毛」とも呼ばれ、その名の通りレーザーを使って施術を行います。ですが、どの脱毛機にも同じレーザーが搭載されてい...

医療脱毛でやけどが起きた場合は?

医療脱毛でやけどが起きた場合は、その場で診察・ 治療をしてもらうことができます。やけどにも即対応できるのは、医療脱毛ならではです。

もし、帰宅した後にやけどに気付いた場合は、むやみに触れたりせずに、施術を受けた医療脱毛クリニックか、難しい場合は他の医療機関に連絡してください。

「冷やしたほうが良いのでは?」と思うかもしれませんが、本当にやけどなのかどうかは医師でなければ診断できないので、まずは連絡をして指示を仰ぎましょう。

なお、やけどが起きた場合の診察や治療は、ほとんどの医療脱毛クリニックで無料です。脱毛料金とは別に負担する必要はありません。

医療脱毛のやけどのリスクを下げる方法

医療脱毛によるやけどは、脱毛を受ける側が気をつけることで、リスクを下げることができます。

一言で言えば、やけどをする原因を作らないことです。

  • 日焼けをしないように、紫外線対策を万全にする
  • 肌を乾燥させないように、保湿ケアを徹底する
  • 最新の脱毛機を導入しているかどうかを確認する
  • スタッフの技術力が高い医療脱毛クリニックに行く

やけどをする原因を作らないように、毎日のスキンケアや医療脱毛クリニックの選び方に注意すれば、やけどのリスクは下げることができます。
医療脱毛の注意点を紹介!施術前後は何に気を付けるべき? 今回は、医療脱毛の注意点を 施術前 施術当日(当日の施術前まで) 施術後(当日の施術後から) の3つに分けて紹...

医療脱毛のやけどのリスクは誰にでもある

今回は、医療脱毛のやけどの原因や、やけどのリスクを下げる方法について解説しました。

医療脱毛のやけどは、日焼けや乾燥といった脱毛を受ける 側に原因がある場合もあれば、脱毛機の古さやスタッフの技術力といった、医療脱毛クリニック側に原因がある場合もあります。

いずれにしても、日焼けや乾燥を防ぐ努力をしたり、最新の脱毛機を完備した技術力の高い医療脱毛クリニックを選んだりすることで、やけどのリスクは下げられます。

ですから、必要以上にやけどを恐れる必要はないと思います。

RELATED POST
医療脱毛

広尾プライム皮膚科の脱毛プランとは?口コミ評判や料金を徹底解説

全身脱毛できるコスパの良いおすすめ脱毛サロン・医療脱毛クリニック人気ランキング【2020年最新版】
広尾プライム皮膚科の脱毛について、こちらの2ポイントを詳細情報と共にご紹介いたします。 広尾プライム皮膚科の口コミ評判 広尾プラ …
医療脱毛

レヴィーガクリニックってどんなところ?口コミや料金からチェックしてみた

全身脱毛できるコスパの良いおすすめ脱毛サロン・医療脱毛クリニック人気ランキング【2020年最新版】
レヴィーナクリニックの脱毛施術について レヴィーナクリニックの口コミ評判 レヴィーガクリニックでの施術プランと料金内容 お得 …