全身脱毛

全身脱毛前のvioの自己処理はどうやる?全剃りが必要ってホント?

全身脱毛を受ける前は、脱毛効果を高めるために全身の自己処理を済ませておくのがルールです。

とはいえ、肌がデリケートで凹凸も多いvioの自己処理も必要となると、「大丈夫なのかな?」と心配になりますよね。

今回は、全身脱毛前はもちろん、vio脱毛を受ける上で必要な、vioの自己処理の手順について解説します。

全身脱毛前はvioの自己処理が必要

全身脱毛を受ける前には、全身のムダ毛の自己処理が必要ですが、脱毛範囲にvioが含まれる場合は、vioの自己処理も必要です。

「vioまで自己処理が必要なの?」と、抵抗を感じる人も多いと思いますが、自己処理をしなければならないのには、ちゃんとした理由があります。

それは、自己処理をせずに施術をすると、脱毛効果が下がってしまうからです。

脱毛方法にもよりますが、多くの脱毛サロンや医療脱毛クリニックで採用されているのは、ムダ毛のメラニン色素に反応し、発毛に関わる毛根部分の組織にアプローチする脱毛方法。

自己処理をしない状態、つまりムダ毛が長い状態で光やレーザーを当ててしまうと、毛根部分まで光やレーザーが届かなくなります。その結果、脱毛効果が下がってしまうのです。

また、自己処理をせずに施術を受けに行くと、

  • シェービングに時間を取られて施術時間に影響が出る
  • シェービング代が別途必要になる
  • 剃り残し部位は施術してもらえない

といったデメリットもあるので、自己処理は必ずしていきましょう。

無理に自己処理をしなくても良い部位も

全身脱毛前はvioの自己処理が必要ですが、oラインは基本的に、無理に自己処理をしなくても良い部位になります。

手が届きにくいので自己処理が難しいですし、無理に自己処理をしてケガをしてしまっても大変なので、ほとんどの脱毛サロンや医療脱毛クリニックでは、無料でシェービングしてくれます。

もし有料だとしても、ハイリスクなoラインだけはシェービング代を払ってシェービングしてもらったほうが安全です。

自己処理の前にvioの形を決めよう!

vioの自己処理をする前に、どんな形に脱毛してもらうのかを決めましょう。oラインはスタッフにお任せするとして、vラインとiラインの形について紹介します。

vラインは好きな形にできる

まずvラインですが、vラインは好きな形に脱毛することができます。

例えば、

  • ハイジニーナ(全処理)
  • トライアングル型
  • スクエア型
  • オーバル型
  • Iライン型

などといった形があるので、どの形にするのかを決めてから、その形になるように自己処理をしていきます。

ちなみに、ハイジニーナにする場合の自己処理は毎回全剃りが必要です。

また、好きな形に残しつつ毛量を減らしたい場合は、最初の1~2回あたりまでは全剃りして、その後に好きな形に残して自己処理をしましょう。

iラインはvラインの形に合わせるのがベスト

次にiラインですが、iラインはvラインの形に合わせるのがベストです。

vラインをハイジニーナにする場合は、iラインの自己処理ももちろん全剃り。vラインに毛を残す場合は、vラインとつながるように、iラインに向かって少しずつ細くするような形に毛を残すと、自然な仕上がりになります。

逆に、vラインは毛を残したのにiラインがツルツルの状態だと、vラインだけが変に浮いてしまうので、あまりおすすめはできません。

ただ、vラインと同様に、iラインの毛量を減らしたい場合は、最初の1~2回までは全剃りしましょう。

全身脱毛前のvioの自己処理の手順

全身脱毛前のvioの自己処理の手順について、簡単に紹介します。vio脱毛だけの自己処理も同じ手順なので、vio脱毛だけの人も参考にしてください。

用意するもの

  • 電気シェーバー
  • 鏡(自立式)
  • ハサミ
  • 新聞紙
  • 保湿ケアアイテム(できればデリケートゾーン用)

用意するものに関しての注意点ですが、電気シェーバーではなくカミソリでも大丈夫ですが、カミソリ負けのリスクがあります。

そのため、施術が受けられなくなる可能性があるのでおすすめできません。 また、毛周期に影響を与えたり、施術前の肌に負担をかけたりする

  • 毛抜き
  • 脱毛ワックス
  • 脱毛テープ
  • 除毛クリーム

といったアイテムの使用も禁止です。 必ず電気シェーバーを用意してください。

手順

【準備】

  1. 新聞紙を敷いて、その上に鏡を立てておく
  2. 肌トラブル防止のため、デリケートゾーンを保湿しておく

【自己処理の手順】

  1. ハサミを使い、2センチくらいの長さに残す形でムダ毛を軽くカットする
  2. 電気シェーバーを使い、毛の流れに沿うようにシェービングする
  3. 最後に保湿ケアをする
vioの自己処理は、お風呂上がりの肌とムダ毛が柔らかくなった状態で行うのが、剃りやすくなるのでおすすめです。

vioの自己処理を万全にして全身脱毛に備えよう!

今回は、全身脱毛前のvioの自己処理の手順について解説しました。

基本的にoラインの自己処理は不要ですが、vラインとiラインは自己処理を済ませておかなければなりません。

場所が場所だけに、大掛かりな自己処理になりそうな予感がする人も多いかもしれませんが、必要なものをそろえて、vラインとiラインの形を決めておけば、あとは自己処理を済ませるだけ。

ケガをしないように、丁寧に時間をかけて自己処理をする必要はありますが、あまり難しく考える必要はありませんよ。

RELATED POST
全身脱毛

全身脱毛に通う期間は何年?エステ脱毛の場合の完了年数や回数の目安を解説!

全身脱毛できるコスパの良いおすすめ脱毛サロン・医療脱毛クリニック人気ランキング【2020年最新版】
全身脱毛は1回で完了するものではないこと、皆さんもご存知かと思います。 そうなると、「どのくらいの期間通わなければならないのか」という疑問 …
全身脱毛

全身脱毛の効果を実感する期間や回数は?脱毛サロン・医療脱毛クリニックを徹底比較してみた!

全身脱毛できるコスパの良いおすすめ脱毛サロン・医療脱毛クリニック人気ランキング【2020年最新版】
自分自身の毛量や毛質では、どれくらいの回数や期間で卒業できるのか気になりますよね。特に全身脱毛なら、コスパのことも気になる…。 ここで …
全身脱毛

全身脱毛の費用を抑えるなら「値段相場より安いかどうか」が重要!

全身脱毛できるコスパの良いおすすめ脱毛サロン・医療脱毛クリニック人気ランキング【2020年最新版】
「全身脱毛をしたいけど、なるべく費用は抑えたい」という人、多いと思います。 全身脱毛の費用を抑えるなら、「値段相場より安いかどうか」が重要 …
全身脱毛

全身脱毛の値段が安い脱毛サロン・医療脱毛クリニックの相場を回数別・月額別で徹底比較してみた!

全身脱毛できるコスパの良いおすすめ脱毛サロン・医療脱毛クリニック人気ランキング【2020年最新版】
月々の支払いは抑えられても、本当にお得なのかどうかも気になるところ。 ここでは値段が安いと言われている脱毛サロンと医療脱毛クリニックを …
全身脱毛

全身脱毛の評判が良い脱毛サロン6選│脱毛方法・料金・口コミを紹介!

全身脱毛できるコスパの良いおすすめ脱毛サロン・医療脱毛クリニック人気ランキング【2020年最新版】
評判が良くない脱毛サロンや、そもそも評判がわからない脱毛サロンだと、全身脱毛をお願いしても良いのか不安になりますよね。 全身脱毛の評判 …